■20210219/舞踊団関係者が集まった濃ゆいライブを拝見!

フラメンコ, ライブレポート

延期になったり無観客だったり、はたまた開催時間を変更したり。このライブを観に行った2月末はまだ緊急事態宣言継続中とあって、フラメンコライブの開催状況も落ち着きません。

でもそんな中でもライブが行われ、生で観に行けるのはありがたいことです。2月19日に足を運んだのはカンテのパコの企画で、会場は西日暮里アルハムブラ。小島章司フラメンコ舞踊団のOB4名に現役団員1名、さらに畑中美里さんの計6名が出演する、なかなかない豪華なライブです。舞踊団で培った華のある踊りと、美里さんの渾身の踊りが観たくて行って参りました。ギターは美しいファルセータを奏でることで知られる尾藤大介さんで、踊りも音も楽しめたライブでした。

畑中美里/ソレア

トップバッターは美里さん。静々と何かを探っているような印象を受ける踊りで、単純なS.Horiはライトの光を受けて陰影を深める憂いの表情に心惹かれたほどでした。後で聞くといろいろあったようですが、それもまたフラメンコの舞台。また気迫の踊りを見せてください!

時枝典子/タラント

ここから舞踊団系の踊り手さんが続きます。時枝さんはゆったり、しっとりした大人の雰囲気を漂わせながら、要所で力を込めて心を打つタラント。非常に綺麗な印象を受けたので終演後にそう伝えると、「痩せたから!」と笑顔で一言。なるほど!と納得でした(笑)

松田知也/カーニャ

舞踊団現役団員の知也くんはブルーのマントンを操り舞台を盛り上げてくれました。華やかでありながら哀愁漂う音の中で舞う彼は、以前見た時より足元に重い力を感じました。足はしっかりと床を踏みしめ、上半身はマントンを翻す。バランスもよく空気も充実した鮮やかなカーニャでした。

望月美奈子/ティエントス

望月さんは以前撮影させていたいた時にとても美しく写っていたので、拝見するのを楽しみにしていました。この日のラストを飾った髙野美智子さんとともに、第1回日本フラメンコ協会主催新人公演で奨励賞を受賞した方で、高貴な香りのする上品な舞いを披露。今回も美しく写っておりまして、観に来てよかったです!

手下倭里亜/アレグリアス

スラリとしてシャープな印象を持つ倭里亜さんは、ノースリーブの衣装で赤いマントンを翻す活発&情熱溢れるアレグリアス。1つのライブで2人の方がマントンを使うことはあまりありませんが、こうして見ると知也くんの青のマントンとの色合いが非常に綺麗です。青と赤のマントンで、いつかお2人でパレハをやってほしいです!

髙野美智子/シギリージャ

ライブの少し前に髪を切ったという美智子さんは、短髪&パンツの衣装で登場。早く、的確に足を打つ美智子さんだけにその動きがはっきり見て取れ、見ごたえと聞き応えが満載でした。いつもながらの身体のキレ、また留めていない髪が憂いの表情に美しくかかる場面もあり、めくるめく美智子ワールドを堪能しました。

最後のフィン・デ・フィエスタでは、パコのお子さんのサマラちゃん、お弟子さんの遠藤響子さんが舞台に登ったりして、盛り上がっての終了となりました。

時短営業中でお店は20時で電気を落とすため、飲み足りず消化不良ではありましたが、ライブの熱を山盛り浴びた楽しいライブでした! 出演者の皆様、お店のスタッフの皆様、ありがとうございました!