■20191201/フラメンコ界の未来を照らす新星タブラオ、「青山TORO」レセプションライブ!

2019年12月24日フラメンコ

前々から話を聞いていて、ぜひ行きたかったタブラオがありました。おしゃれな街で有名な青山にあるスペインバル「青山TORO」です!

toro01
青山TOROの入り口です。ガラス張りなので、通りがかりにお食事中の客席はもちろん、フラメンコライブも見ることができます。

青山TOROは、青山通りに面した「ラ・ポルト青山」の地下にあります。中華料理屋や和洋食居酒屋が並んだフロアで、木とモザイクのタイルを組み合わせた店構えが目を引く素敵なお店です。

オーナーが変わってからフラメンコのライブをやるようになり、来年から本格的にライブを開催するそうです。12月1日に行なわれたのはそのレセプションライブで、エンリケ坂井さんや鈴木敬子さん、田村陽子さんなどフラメンコ界の名のある方々、またタブラオなどでご活躍の踊り手さんたちが招待されていました。

S.Horiも僭越ながらお招きに預かったのですが、取材&記事作成という条件付きでのご招待でした。頑張ります、はい!!!

toro02
シックなレンガをあしらった壁、入り口の扉や柱とマッチする椅子とテーブル、巨大な樽を模した飾りなど、店内は明るくて親しみやすい雰囲気です。
toro03
カウンターにはハモンの原木が置かれ、バルの雰囲気満点です!
toro04
店の奥には、板を斜めに組んだ舞台があります。これを見た踊り手さんが「こんなおしゃれな舞台見たことない!」と感心していました。

自慢のお料理がご来賓をお出迎え!

お客様方を最初に迎えたのは、青山TOROご自慢のお料理です。ジビエやイベリコ豚の生ハムといったメニューで、普段から一般のお客様の舌を楽しませているお店だけに、ライブ専用のメニューもとても魅力的です!

toro05
こちらが最初に出されたタパスプレート。ちょっとずつ、いろんな料理が楽しめるのが嬉しいですね。
toro06
通常営業時のメニューはこちら。「スペインオムレツ」に「タコのガリシア風」に…定番のスペイン料理はもちろん、グラタンやカルパッチョなどバラエティに富んでいます。

なお、この後にパエリアや肉料理などが乗ったメイン料理と、デザートのクリームブリュレも出たのですが…飲み食いと会話に夢中で写真を撮り忘れました!サーセン!!

真のフラメンカが舞うライブに突入!

お料理を楽しみ、皆の心がほぐれたところで、お店のオーナーさんからご挨拶がありました。フラメンコ界の可能性や、フラメンコ人口をいかに増やしていくか、その意気込みを熱く語ったオーナーさん。彼の想いと情熱にフラメンコ界の明るい未来を予感しつつ、いよいよライブの始まりです!

toro13
このお店のブッキングを担当する踊り手のタマラさんも登場。ご挨拶とハレオ講座で客席を盛り上げていました。
toro08
当日のフライヤーです。プロ中のプロ3人にスペイン人と、期待しないほうがおかしいメンバーです!

梶山彩沙/アレグリアス

ソロのトップは彩沙さん。重みと存在感、大胆さとスピード感を織り交ぜながらのアレグリアスは絶品でした! 撮影のため間近で拝見していましたが、そこだけ重力が強く、何かに引っ張られるような感覚に陥ったのを覚えています。

荻野リサ/ソレア

リサさんは自らの感情、熱を全身で発し、それが非常に洗練されているがゆえに、観る者を自らの世界に引き込んでしまう力があります。この日もソレアで強烈な世界を展開。撮影しながら彼女の世界にグイグイ引き込まれて行きました。

三枝麻衣/タラント

身体の中央に強い力を感じる麻衣さんは鮮やかに踊っていた印象でした。カンテのマヌエルが楽しそうに歌うシーンがあり、スペイン人の琴線にも大いに触れたようです。お客様として来ていた踊り手さんたちもきっと楽しんだことでしょう。

ロシオ・ロメロ/シギリージャ

時に野性をむき出しにして踊るロシオですが、この日は違いました。激しさがありつつ真摯で、身体の中で固く、熱いものがゆっくりと変形していくような、じわじわと感じさせるシギリージャでした。陰影深い表情も美しく、マヌエルとのショットはとても絵になります。

ラストのフィン・デ・フィエステでは、エンリケ坂井さんがギターを弾き、鈴木敬子さんや田村陽子さんが踊るという豪勢な一幕もあり、青山TOROの新たな出発を祝うレセプションライブは盛況のうちに終わりました。

一般の人にいかに興味を持ってもらうか。興味を持っている人をいかに取り込むか。フラメンコ界を盛り上げていくためのこれからの課題ですが、その点で青山TOROは抜群の場所にあり、抜群の条件が揃っているとS.Horiは思います。

この日のお店は貸し切りだったのですが、お食事のためのお店を探す一般の方々が「今日は入れないんですか?」と訪ねてきていました。バルとして十二分の魅力を持っているのです。お食事目当ての一般の方にライブを観ていただき、楽しんでいただく。そして興味を持っていただけたら、リピーターとなり、さらにはフラメンコファンとなってくれる可能性だってあります。

フラメンコ界の裾野を広げる。そんな役割を、きっとこのお店が果たしてくれるに違いありません。青山TOROの成功を心から祈っております。皆さんもぜひ!遊びに行ってみてくださいねー!!

青山TORO 今後のライブ情報

●2020年1月26日(日) バイレ=井田真紀、水町祐子、タマラ/ギター=久保守/カンテ=el Fuego
●2020年2月23日(日) バイレ=本間静香、有田ゆうき、タマラ/ギター=尾藤大介/カンテ=有田圭輔
●2020年3月22日(日) バイレ=横山亜弓、中村太香子、タマラ/ギター=山崎まさし/カンテ=永潟三貴生
●2020年4月26日(日) バイレ=青木ルミ子、小林成江、土合幸江/ギター=斎藤誠/カンテ=永井正由美

※ライブ情報は2019年12月10日時点のものです。詳しくはお店のHPにてご確認ください。
https://aoyama-toro.jp/